Creation/Innovation/Communication

さて、現在β003の計画をいろいろと画策している途中ですが、β003には3つのテーマを設けています。
それが、表題にした、頭文字を取るとCICって事なんですが、これではありません(笑)行政書士の仕事ではちょっと接点があるので(笑)
で、アイディアラボは池山と米山さんがそれぞれ設計しています。当然設計者が違えばデザインが違います、それもアイディアラボβの面白さの一つだと考えています。以下は、あくまでも池山の場合です。

Creation
アイディアラボは、「アイディア創出」がメインのテーマですからもちろん、「創造」は大きなテーマです。この創造については、アイディア=才能とか、アート、ではなく、正しい技法を覚えて、楽しく使えば誰でもいろんなアイディアを出す事ができます、っていうところがキーです。

Innovation
この言葉、池山は「新しい価値創造」といった意味にとらえています。「今までなかったのが不思議」とか「今となってはないことは考えられない」というようなものを生み出すのが理想的なイノベーションだと思っています。

池山が設計するアイディアラボの根底には、「設定テーマをよりリアルに」というコンセプトがありますから、なるべく企業さんからテーマをいただくように、と考えています。ただこのやり方には、守秘についての問題がつきまといますので、注意が必要だと考えています。

Commnunication
 WSではグループワークも多く、議論したり、笑い合ったり、作り上げたりという部分が多くなります。そこにはディスカッションのテクニックや、合意形成のためのテクニックも大切になります。池山が考えるアイディアラボでは、それを学び合える設計を心がけたいと考えています。「こうやってください」という教条的なものでなく、「やってみたらうまくいった」という体験をメインにしたものになるように設計したいと考えています。

β003は近日中に募集を開始します。何名様かは、前回のβ002のお帰りに予約をいただいてます。感謝感謝。
みなさんに楽しんでもらえるようにがんばってデザインします!ご期待くださいね!
(あ、今回の写真はすべてβ001のものです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>