シャープ株式会社三重工場さんでステークホルダーダイアログを実施しました

去る5月15日に、シャープ多気工場さんで、企業の多くの利害関係者さんをお招きして対話を行う、「ステークホルダーダイアログ」を、Mブリッジメンバーにて企画運営させていただきました。ワークの設計、メインファシリテーターは池山が務めさせていただきました。

この企画は、三重県との恊働事業で三重県にステークホルダーダイアログを根付かせる、という狙いのモデルケースでもあります。この日は18名の外部ステークホルダーさんと、社員さん4名、Mブリッジメンバー6名、オブザーバーとして、恊働実施主体である、三重県のNPO室の方と本当に多くの方にご臨席を賜りました。

当日はあいにくの雨。あまりにも申し訳なくて「池山は雨男なんです」のいつものネタは言えずじまい(笑)
天気がよければ三重工場の水の浄化、循環システムを皆さんに見学いただく予定ですしたが、急遽室内の環境報告展示を担当者さんのご案内のもとに見学していただきました。

お集まりいただいたステークホルダーのみなさんは、地域の住民の方、関連企業さん、大学生さん、NPO法人のかた、地元銀行の方、他地域の企業さん、多気町役場の方、三重県庁の方、地元で環境活動していらっしゃる団体の方などなど、そしてもちろんシャープ株式会社の従業員さんも同席していただきました。中日新聞さんにも取材をしていただきました。

内容は2部に分かれ、前半ではシャープ三重工場さんで発行しておられる、環境、社会貢献活動の報告書について、みなさんの意見を頂くもの。そして、後半では、今後のシャープ三重工場さんのCSR活動について、みなさんからご提案を頂くもの、としました。
ご参加の皆さんの意識が非常に高く、さらに協力的な雰囲気の中、非常に盛り上がったダイアログとなりました。最後には、皆さんよくご存知のこの写真、アームストロング船長の月面への第1歩で示させていただきました。三重県内の企業さんのCSR活動の新たな1ページを開くこのダイアログに同席させていただけた事を本当にうれしく思いました。

Mブリッジでは、今年一年間、三重県さんとの恊働事業としてこの「ステークホルダダイアログ」を推進してまいります。池山はデザインとファシリテーターとして関わらせていただきます。
今後、ステークホルダーダイアログについての様々な情報発信も行います。ステークホルダーダイアログを実施したい、または参加したい、とお考えの皆さん、こちらのサイトで情報発信を行って参りますので、ぜひご覧頂ければ、と思います。
今回のシャープ三重工場さんのステークホルダーダイアログに関わっていただきました、皆さん、本当にお世話になりました。これから、三重県のCSRが変わり始めます。どうか、今後もお力添えを頂けますよう、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>