200いいね!記念無料ワークショップ終了

1月26日土曜日、ワークセンター松阪において、アイディア・ラボ〔β〕のFacebookページへの200いいね!を記念しての、無料ワークショップを実施いたしました。25名の皆さんにご参加いただきました。

寒い時期のことで、ご家族の体調だったり、ご自身の体調だったりでご欠席が何名か出る中、25名の方にご参加いただけて、本当にすごい熱気のワークショップを実施できたことを心よりうれしく思います。本当にありがとうございました。

かくいう私も家族の体調が思わしくなく、楽しみにしていた懇親会に参加できませんでした。Facebookでみなさんの写真を拝見して家で一人、「きー」となっておりました(笑)

さて、今回のワークショップですが、ステーショナリーを素材にし、Dスクールのデザイン思考の5ステップを下敷きに、「ランダムをプログラムする」「ラピッドプロトタイピング」という二つのテーマをもったものとなりました。メインファシリテーター、ワークショップデザインは私、池山です。

今回の参考図書をご紹介しておきます。今回の参考図書はこのあたりです。

東大式 世界を変えるイノベーションのつくりかた 東京大学i.school 

発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法 トム・ケリ

 ゲームストーミング ―会議、チーム、プロジェクトを成功へと導く87のゲーム Dave Gray

どれも、池山的にはド定番、ど真ん中直球の書籍ばかりですね。ゲームストーミングは参考図書としてますが、中からは別に何も取ってないと思います(笑)。あ、あと、これと。

MAKE SPACE メイク・スペース  スタンフォード大学dスクールが実践する創造性を最大化する「場」のつくり方 スコット・ドーリー

これは、スタンフォード大学Dスクールがらみですが、非常に楽しい一冊です。よろしければ。

今回のワークショップの中で、やはり最大の目玉といますが、ポイントは「プロトタイピング」でした。

みなさんには、ほんの短い時間だけで、会場にあるものだけで、プロトタイプを作っていただきました。これが、本当に楽しい。

大切なことは、プロトタイプに過度の思い入れを持たない(変更をよしとする)、プロトタイプに力を入れすぎない、早い段階で失敗しておく、このあたりでしょうか。

しかし、どうしてどうして、みなさん、本当に素晴らしいプロトタイピングをしておられました。正直、アイディア・ラボ〔β〕で商品化できないかな、と思うようなアイディアもありました。

もう一つ、これはワークショップデザイン上のお話ですが、みんなで相談して、そしてみんなで手を動かす、というのはきっと楽しいんですね。これは、どうやら、最近2つのワークショップでやってみたところ、正しいらしいです。

さて、今月は6つのワークショップを実施しましたが、しばらくは充電期間です。また皆さんにお会いできますことを。次回、β010は副代表米山の担当です。そのお知らせをお待ちいただければと思います。

もう一度、参加の皆さん、関係各方面のみなさん、ありがとうございました。そして、最後に私のアイディア・ラボ〔β〕のパートナー米山副代表に深甚の感謝を。

6 thoughts on “200いいね!記念無料ワークショップ終了

  1. 次回、β010は米山が担わせていただきます。
    ここでサーーーッと波が引いていくと
    あまりにも寂しいので、
    どうぞ引き続きよろしくお願いしますね(笑)
    次は限定16名で実施すると思います。
    皆さん、いつ頃がいいですかねぇ~?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>